今日は「清明」です。

第104回薬剤師国家試験
一般問題(薬学実践問題) [病態・薬物治療、法規・制度・倫理/実務]
問286-287 82 歳女性。以前より意識清明であったが、記銘力の低下を指摘されていた。今回、トイレに行こうとして転倒し、大腿骨骨折のため整形外科に入院した。入院中に認知機能の低下、パーキンソニズム、レム睡眠行動障害が現れたほか、PET にて後頭葉の血流低下を認め、アルッハイマー型以外の認知症が強く疑われ、ドネペジル塩酸塩口腔内崩壊錠による治療が開始された。

「清明」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です