オープンキャンパス2018(Part2)

各種イベントにご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

◎第16回 Library+ どんなお仕事薬剤師

図書館スタッフのみなさんのご協力のもと、工藤 賢三 教授(臨床薬剤学分野)、平舩 寛彦 助教(同分野)が薬剤師の仕事について紹介しました。

 

◎崩壊実験

薬を飲みやすくするための「とろみ」が、薬の溶け方にどのような影響を及ぼすのか、実験を通して体験して頂きました。臨床薬剤学分野の富田 隆 准教授の指導のもと、研究室所属の学生たちが中心となって実施しました。

とろみの調製

どちらが先に溶けるかな・・・

6年生も現状復帰手伝いました・・・

 

◎調剤体験

これからの薬剤師は調剤業務の一歩二歩いや十歩!?先を・・・とは言え、やはり調剤は薬剤師業務の基本となるもの。丹治 麻希 助教(分子細胞薬理学分野)、衣斐 美歩 助教(同分野)、丹治 貴博 助教(生体防御学分野)、錦織 健児 助教(同分野)の指導のもと、それぞれの分野所属の学生有志(4〜6年生)が事前準備から当日の来場者対応までまさに獅子奮迅の働きをしてくれました。

インスタントカメラで記念撮影&贈呈

初日を担当してくれたスタッフと学生のみなさん

大橋 綾子 教授(生体防御学分野)も受付対応で汗だく・・・

二日目を担当してくれたみなさん

 

写真撮影:那谷(臨床医化学分野・教授)、白石(生体防御学分野・准教授)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です