岩手医科大学薬学部が「いわてまるごと科学館」に参加

岩手県が主体となって7月16日(月)にアイーナで開催された子供向けの科学イベント「いわてまるごと科学館」に岩手医科大学薬学部創剤学分野(佐塚 泰之 教授、杉山 育美 助教、松尾 泰佑 助教、研究室配属学生有志)が参加しました。

タイトルは「くすりの不思議」で、「胃で溶けるくすりと溶けないくすり」や「水溶き片栗粉を使ったダイラタント流体」を実際に体験してもらう内容でした。

保護者を含めると500名近い参加があり、大盛況で終わることができました。

 

◉ビニールプールの底には大量の片栗粉が・・・

足を早く動かすとかたくなり、ゆっくり動かすとやわらかくなる。何もしないと・・・足が沈んでいきます。この不思議な現象(ダイラタンシー)に来場者は大はしゃぎ。この後、片栗粉はどうなったのでしょうか・・・?

◉佐塚教授の手ほどき・・・

◉杉山助教も笑みがこぼれる・・・

◉松尾助教、子供目線で対応・・・

◉学生の皆さんも大活躍

(文責・写真:那谷)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です