標準模擬患者(SP)養成講習会

 

9月23日(土)、本学矢巾キャンパスにて、本年度第1回目の標準模擬患者(SP)養成講習会が開催されました。週末、祝日にも関わらず、本学の薬学教育に興味を持って下さった地域の皆さまが参集し、薬剤師役として、また患者役として、お互いの立場を交換しながら模擬演技を楽しみました。

リピーターの参加者の方からは、「SP講習会への参加を通して、実際に自分が通う薬局での薬剤師の対応に興味を持つようになった。」、「薬局で実習生(5年生)が来局者に対して一から丁寧に質問をしていく姿を見て、実習に行く前に大学で行う教育がその原点なのだと実感できた。」といった類のコメントを頂きました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です