WinterSession2017

12月25,26日に高大連携「ウィンター・セッション」が本学矢巾キャンパスで行われました。薬学部では、”薬学部での学び:「くすり」と「調剤」を通して、薬学の可能性を学ぶ” というプログラムを実施し、県内の高校生42名が参加してくれました。今年度は、講義を担当させて頂きました。ちょっと難しい内容もあったかと思いますが、参加高校生のみなさんが真剣な眼差しで講義を聞いてくれたことがとても嬉しかったです。今後の進路選択において少しでも参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です