2019
【原著論文】
1)“Oenothein B, Dimeric Hydrolysable Tannin Inhibiting HCV Invasion from Oenothera erythrosepala.”, Satoru Tamura*, Gang-Ming Yang, Teruaki Koitabashi, Yoshiharu Matsuura, Yasumasa Komoda, Tomikazu Kawano, Nobutoshi Murakami *, J. Nat. Med., 73,67-75 (2019). DOI:10.1007/s11418-018-1239-1

【学会発表】
6)

5)

4)

3)

2)

1)

2018
【原著論文】
6)  “Synthesis of 5‑Aryl-3(2H)‑furanones Using Intramolecular Cyclization of Sulfonium Salts”,Sho Inagaki*, Kai Saito, Soichiro Suto, Hiromi Aihara, Aoi SugawaraSatoru Tamura, Tomikazu Kawano*, J. Org. Chem., 83, 13834-13846 (2018). DOI:10.1021/acs.joc.8b02153

5)”Inhibitor for FcεRI expression on mast cell from Verbasucum thapsus L.”, Satoru Tamura*, Kunichika Yoshihara, Tomikazu Kawano, Murakami Nobutoshi, Bioorg. Med. Chem. Lett., 28, 3342-3345 (2018). DOI: https://doi.org/10.1016/j.bmcl.2018.09.007

4)”Synthesis of [6]helicene-based sulfonic acid, sulfonamide, and disulfonimides“, Tetsuya Tsujihara*, Sayaka Endo, Tsunayoshi Takenaka, Takeyuki Suzuki, Satoru Tamura, Tomikazu Kawano*, Tetrahedron Letters, 59, 2450-2453 (2018). DOI:10.1016/j.tetlet.2018.05.035

3)”強心配糖体ウアバインのアグリコン「ウアバゲニン」の新規生理活性”, 田村理・岡田麻衣子・上田実, 化学と生物, 56, 184-189. (2018). https://katosei.jsbba.or.jp/back_issue.php?bn_vol=56&bn_show=135

2)“Ouabagenin is a naturally occurring LXR ligand without causing hepatic steatosis as a side effect”, Satoru TAMURA, Maiko OKADA, Shigeaki KATO, Yasuharu SHINODA, Norifumi SHIODA, Kohji FUKUNAGA, Kumiko UI-TEI and Minoru UEDA, Scientific Reports, 8, 2305 (2018). DOI:10.1038/s41598-018-20663-z

1)N-Alkylation Using Sodium Triacetoxyborohydride with Carboxylic Acids as Alkyl Sources”, Satoru Tamura*, Keigo Sato, and Tomikazu Kawano*, Chem. Pharm. Bull., 66,101-103 (2018). DOI:https://doi.org/10.1248/cpb.c17-00716

【学会発表】
13)”強心配糖体ウアバインのアグリコン「ウアバゲニン」が示す生理活性”,〇田村理・岡田麻衣子・加藤茂明・篠田康晴・塩田倫史・福永浩司・程(宇井)久美子・上田実, 第60回天然有機化合物討論会, 久留米, 平成30年9月26日〜28日 (2018)

12)”Synthetic Study for Analogs of Bioactive Natural Products, Butenolides and Coumarins”,〇田村理, 平成30年度化学系学協会東北大会, 秋田, 平成30年9月15日〜16日 (2018)招待講演

11)”新規なジベンゾピラノン誘導体の合成とWntシグナル阻害活性”, 河野富一・〇阿部倫理・西谷直之菅原葵・村岡宏樹・小川智, 第48回複素環化学討論会, 長崎, 平成30年9月3日〜5日(2018)

10)”スルホニウム塩の分子内環化反応を利用した5-アリール-3(2H)-フラノン類の合成”, 〇稲垣祥齋藤海須藤颯一朗相原啓実河野富一, 第48回複素環化学討論会, 長崎, 平成30年9月3日〜5日(2018)

9)”医療系大学を志望する高校生を対象とした高大連携プログラムの実施とその評価”, 〇松浦誠手塚優西谷直之河野富一那谷耕司高橋寛三部篤, 医療薬学フォーラム2018/第26回クリニカルファーマシーシンポジウム, 東京, 平成30年6月23日~24日(2018)

8)”血管新生阻害活性ブテノライド類の立体異性体を用いた構造活性相関”, 〇田村理吉田有毅・荒井雅吉・中村友香・小林資正・河野富一, 日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会, 東京, 平成30年6月11日~13日(2018)

7)”Synthesis and Application of 1-Oxygen and 1-Sulfur-Functionalized [6]Helicenes”, 〇Tetsuya TSUJIHARA, Nao Inada-NOZAKI, Sayaka ENDO, Ayumi SASAKI, Tsunayoshi TAKEHARA, Da-Yang ZHOU, Takeyuki SUZUKI, Satoru TAMURATomikazu KAWANO, シンポジウム モレキュラー・キラリティー, 千葉, 平成30年5月11日~12日(2018)

6)”核内受容体LXR新規アゴニストの作用と可能性”, 〇米澤正・中村朱里・田村理・川崎靖・杉山昌規・名取泰博, 日本薬学会第138年会, 金沢, 平成30年3月25日~28日(2018)

5)”血管新生阻害活性を示す真菌由来ブテノリド類の構造活性相関”, 〇田村理吉田有毅・荒井雅吉・中村友香・小林資正・河野富一, 日本薬学会第138年会, 金沢, 平成30年3月25日~28日(2018)

4)”ビスヘリセン型ジスルホンイミドの合成”, 〇辻原哲也遠藤沙耶香・嵩原綱吉・周大揚・鈴木健之・田村理河野富一, 日本薬学会第138年会, 金沢, 平成30年3月25日~28日(2018)

3)”スルホニウム塩のアシル化/分子内環化反応を利用した2置換4,5-ジヒドロ-4-オキソ-3-フランカルボン酸エステルの合成”, 〇稲垣祥佐藤朱里佐藤遥田村理河野富一, 日本薬学会第138年会, 金沢, 平成30年3月25日~28日(2018)

2)”Wntシグナル阻害を有する新規なジベンゾピラノン誘導体の合成”、Tomikazu Kawano, 〇Tomomichi Abe, Naoyuki Nishiya, Aoi Sugawara, Hiroki Muraoka, Satoshi Ogawa, 日本化学会第98春季年会, 千葉, 平成30年3月20日~23日(2018)

1)”Synthesis and structure-activity relationship of new aryl propynoic acids with Wnt signaling inhibition”, Tomikazu Kawano, 〇Shinpei Ogawa, Naoyuki Nishiya, Aoi Sugawara, Hiroki Muraoka, Satoshi Ogawa, 日本化学会第98春季年会, 千葉, 平成30年3月20日~23日(2018)

【その他】
2)”薬系有機化学”、第17,18章分担執筆(河野富一)、安藤章、山口泰史編集、南江堂(2018)教科書執筆

1)”スポット薬学講座 No.4 -くすりの分子にも「右」と「左」がある! -”, 河野富一, 岩手医科大学学報, 496, 14(2018) 

2017
【原著論文】
5)”Synthesis of 2-Substituted 4,5-dihydro-4-oxo-3-furancarboxylates Using Acylative Intramolecular Cyclization of Sulfonium Salts”, Sho Inagaki, Akari Sato, Haruka Sato, Satoru Tamura, Tomikazu Kawano*, Tetrahedron Lett., 58, 4872-4875 (2017). DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.11.035

4)”Helically Chiral 1-Sulfur-functionalized [6]Helicene: Synthesis, Optical Resolution, and Functionalization”, Tetsuya Tsujihara*, Da-Yang Zhou, Takeyuki Suzuki, Satoru Tamura, and Tomikazu Kawano*, Org. Lett., 19, 3311–3314 (2017). DOI: 10.1021/acs.orglett.7b01470

3)”Synthesis of 4-Halo-3(2H)-furanones Using Intramolecular Cyclization of Sulfonium Salts”, Sho Inagaki, Maiko Nakazato, Nozomi Fukuda, Satoru Tamura, and Tomikazu Kawano*, J. Org. Chem., 82, 5583–5589 (2017). DOI: 10.1021/acs.joc.7b00399

2)”The plant cell- wall enzyme AtXTH3 catalyses covalent cross-linking between cellulose and cello- oligosaccharide”, Naoki Shinohara, Naoki Sunagawa, Satoru Tamura, Ryusuke Yokoyama, Minoru Ueda, Kiyohiko Igarashi, and Kazuhiko Nishitani, Scientific Reports, 7, 46099 (2017). DOI: 10.1038/srep46099

1)”Phthalimide Synthesis via the Direct Condensation between Phthalimide and Primary Amine in the Presence of Catalytic Amount of InCl3“, Ichiro Takahashi*, Takatoshi Matsunaga, Yuuki Izumi, Yuuki Sunada, Nanae Kawakami, Yuusuke Horino, Sho Inagaki, Kenta Saitoh, Minoru Hatanaka, Shinzo Hosi, Lett. Org. Chem., 14, 153-158 (2017). DOI: 10.2174/1570178614666170221143302

【学会発表】
12)”1 位硫黄官能基化[6]ヘリセンを基盤とする有機分子触媒の創製研究”, 〇辻原哲也遠藤沙耶香・周大揚・鈴木健之・田村理河野富一, 第10回有機触媒シンポジウム, 仙台, 平成29年11月30日~12月1日(2017)

11)”1 位硫黄官能基化[6]ヘリセンの合成、光学分割および官能基化”, 〇辻原哲也遠藤沙耶香佐々木歩美山髙裕毅・周大揚・鈴木健之・田村理河野富一, 第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 富山, 平成29年11月6日~7日 (2017)

10)”多環式フェノールの酸化カップリング反応を基盤とする芳香族複素環化合物の触媒的不斉合成”, 〇滝澤忍・佐古真・一之瀬和弥・辻原哲也河野富一・笹井宏明, 第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 富山, 平成29年11月6日~7日 (2017)

9)”Synthesis and structure-activity relationship of substituted propynoic acid derivatives with Wnt signaling inhibitory”, Tomikazu KAWANO; 〇Shinpei OGAWA; Naoyuki NISHIYA; Aoi SUGAWARA; Hiroki MURAOKA, Satoshi OGAWA, 第56回日本薬学会東北支部大会, 青森, 平成29年10月21日(2017)

8)”Trial for Searching Drug-Seeds from Natural Resources”, 〇田村理, 平成29年度化学系学協会東北大会, 岩手, 平成29年9月16日~17日(2017)招待講演

7)”Synthesis and Wnt-signaling inhibition of novel dibenzopyranone derivatives”, Tomikazu KAWANO; 〇Tomomichi ABE; Naoyuki NISHIYA; Aoi SUGAWARA; Hiroki MURAOKA; Satoshi OGAWA, 平成29年度化学系学協会東北大会, 岩手, 平成29年9月16日~17日(2017)

6)”真菌由来血管新生阻害ブテノライド類の構造活性相関研究”, 〇田村理・荒井雅吉・中村友香・小林資正・河野富一, 日本ケミカルバイオロジー学会第12回年会, 札幌, 平成29年6月7日~9日(2017)

5)”スルホニウム塩の分子内環化反応を利用した置換3(2H)-フラノン類の合成”,〇 稲垣祥宇角美香千葉慧高橋芙美中里舞子福田望・吉見泰治・森田俊夫・河野富一, 日本薬学会第137年会, 仙台, 平成29年3月24日〜27日 (2017)

4)”ヘリセン型不斉触媒創製を指向した1-[6]ヘリセンチオール誘導体の合成”,〇辻原哲也佐々木歩美遠藤沙耶香山高裕毅・鈴木健之・河野富一, 日本薬学会第137年会, 仙台, 平成29年3月24日〜27日 (2017)

3)”血管新生阻害活性を示す真菌由来ポリケチドおよび立体異性体の合成”, 〇田村理・荒井雅吉・中村友香・小林資正・河野富一, 日本薬学会第137年会, 仙台, 平成29年3月24日〜27日 (2017)

2)”水素化ホウ素系試薬を用いたカルボン酸による新規なN-アルキル化反応”, 〇田村理佐藤圭悟河野富一, 日本化学会第97春季年会, 横浜, 平成29年3月16日〜19日 (2017)

1)”Synthesis and structure-activityrelationship of new aryl propynoic acids with Wnt signaling inhibition”, Tomikazu Kawano, 〇Shinpei Ogawa, Naoyuki Nishiya, Satoshi Ogawa, 日本化学会第97春季年会, 横浜, 平成29年3月16日〜19日 (2017)

【その他】
1)”岩手医科大学薬学部紹介-有機合成化学講座-”, 河野富一, 岩手県薬剤師会誌イーハトーブ, 59, 35(2017)