プレスリリース&論文掲載

東北大学大学院理学研究科化学専攻の上田実教授、当講座 田村理准教授、東京工科大学応用生物学部の岡田麻衣子助教らの研究グループは、古くから知られる強心配糖体から容易に得られる化合物ウアバゲニンが、副作用の少ない新たな医薬資源となることを明らかにしました。その研究成果が、英国科学雑誌Scientific Reportsに掲載されました。
(追記)薬事日報(第11984号:2018年2月21日)にも取り上げ上げられました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

すこやか薬学講座

次の記事

論文掲載