第8回 薬学部卒業研究発表会

三部 篤学部長からの激励の挨拶に幕を開けた 2019 年度薬学部卒業研究発表会。

それぞれが卒業研究期間中に取り組んだ成果について発表しました。

当分野では実験動物を用いた検討を中心に行っているため、マウスやラットの調子によっては休日にも世話や検査をしなくてはなりませんでしたが、皆、最後まで責任感をもって研究を全うし、成果としてまとめました。

研究を遂行するにあたり指導して下さった弘瀬先生を始め、実験に協力してくださった他講座・他学部の先生方、動物研究センターのみなさん、そして、共に実験をした仲間達など、多くの方々から暖かいご支援を受けてここまで来られたということも忘れてはなりません。

卒業研究で培った科学者としての視点は、薬剤師としての活躍の幅を大きく広げることと思います。

今後、ますますの活躍を期待します。

石田助教がロールモデルとして紹介されました

 本学の男女共同参画およびダイヴァーシティ推進部門の起ち上げに関わっている「研究者支援室設置準備委員会」のホームページで、石田助教がロールモデルとして紹介されています。

 石田先生が本学入学を決めて、薬剤師免許をとろうと決心したいきさつや、薬剤師免許を取得した上で何故アカデミアに残り基礎研究を続けようと思ったのか、など、将来の進路に迷っている中学生、高校生に是非読んで頂きたい内容です。

 また、本学を卒業した先輩として、在校生へのアドバイスも寄せて下さっています。是非、ご一読下さい。

研究者支援室設置準備委員会>女性研究者・医療従事者・イクボスのロールモデル(ホームページ左のメニューから選択して下さい)