• 構造は科学の基礎 !

第105回薬剤師国家試験

問171 アセトアミノフェンの代謝

1 〜 5 のうち、アセトアミノフェンによる肝毒性に関与し、エタノールにより誘導される酵素が関わる代謝過程はどれか。1 つ選べ。 \bzdrv[l]{1==NHCOCH$\bf_3$;4==OSO$\bf_3$H}\pu ...

続きを読む

問161 インスリン

1 型糖尿病の治療に用いられる下図の構追の薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 高血糖時にのみ作用を示すので、低血糖を起こしにくい。 チロシンキナーゼ内蔵型受容体に作用し、ホスファチジルイノシトール 3– ...

続きを読む

問159 トリアムシノロンの薬理活性

図はステロイドホルモン様の薬理作用をもつ薬物の化学構造を示したものである。この薬物の構造と薬理活性に関する記述のうち、正しいのはどれか。2 つ選べ。 1 位と 2 位の炭素原子間が二重結合となっているため、鉱質コルチコイ ...

続きを読む

問133 シトクロムP450による代謝

化学物質 A〜E の代謝に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 A   B   C               D   E           A はシトクロム P450 による還元的脱ハロゲン化によりトリフル ...

続きを読む

問132 モルヒネ類

モルヒネ及びその類似化合物が、生体内で受ける代謝に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 コデインは、O–脱メチル化されてモルヒネになる。 モルヒネは、アセチル化されてヘロインになる。 モルヒネは、メチル化されて ...

続きを読む

問124 食品添加物

食品添加物 A〜D に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 A     B         C     D           A〜D のいずれかを含む食品にその物質名を表示する場合、用途名も必ず併記しなければ ...

続きを読む

問121 アカルボース

グルコシダーゼ阻害薬であるアカルボースに関する記述のうち、誤っているのはどれか。1 つ選べ。   マルトース型の部分構造が含まれる。 破線で囲んだ部分の結合様式は結合である。 水に溶けやすい。 ヘミアセタール構造をもつた ...

続きを読む

問114 dTMP

下図のヌクレオチドに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 RNA の構成成分である。 デオキシウリジン5’–一リン酸のメチル化により生成する。 塩基のメチル基の導人には、ピリドキサールリン酸が補酵素 ...

続きを読む

問109 トリプトファンが前駆体のアルカロイド

\scalebox{0.85}{\raisebox{2cm}{\decaheterov[fhk,{g\FiveCycle(0,0){90}[]{3==O;5==O}[a]}]{3==N;4s==\sixheterov[] ...

続きを読む

問107 Ethyl 5-methoxyindole-2-carboxylate の NMR スペクトル

図は、ある化合物 A の 1H-NMR スペクトル(400 MHz、CDCl3、基準物質はテトラメチルシラン)を示したものである。また、表は各シグナルの積分比を一覧にしたものである。化合物 A の加水分解反応によって得ら ...

続きを読む