• 構造は科学の基礎 !

XyMTeX で描く薬剤師国家試験の構造式

問221 トロンボモデュリンアルファ

 医師より、患者に用いるトロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え)について、天然のトロンボモデュリンとの違いを知りたいとの間合せがあった。文献を探したところ、天然のトロンボモデュリンの模式図を見つけた(下図)。天然のト ...

続きを読む

問214 エフェドリン

 小青竜湯エキス顆粒に含まれる成分のうち、アンチ・ドーピング規程における禁止薬物に該当するのはどれか。1 つ選べ。 \scalebox{0.7}{\put(0,2750){\text{\sffamily\bfseries ...

続きを読む

問213 プロスタグランジン I₂

 イロプロストやベラプロストナトリウムはプロスタグランジン I2 の構造をもとに開発された薬物である。これらに関する記述のうち、最も適切なのはどれか。2つ選べ。 イロプロストはプロスタグランジン I2 の部分構造 a の ...

続きを読む

問210 オルメサルタンメドキソミルの変色

 オルメサルタンメドキソミル錠に含まれる有効成分 I はプロドラッグであり、生体内において図に示すような活性体 II と III を生じる。一方、高温多湿条件下でも I の加水分解反応によって 皿 が生成し、これとメトホ ...

続きを読む

問209 クロラムフェニコールコハク酸エステルナトリウム

アプレピタントからホスアプレピタントが創製されたのと同様な目的で開発されたプロドラッグはどれか。1 つ選べ。 \put(-500,800){\text{\sffamily\bfseries 1}}\sixheterov[ ...

続きを読む

問208-209 (ホス)アプレピタント

65 歳男性。がんで入院中。当初、医療チームの方針として、アプレピタントカプセルを制吐剤として投与することが計画されていたが、口内炎が悪化したため、ホスアプレピタントの点滴静注への変更について再度検討することとなった。 ...

続きを読む

問207 ラベプラゾールの代替薬品

粉砕して服用する場合の不都合を回避するために、当該病院の採用薬の中から薬剤師が提案する薬物として、適切でないのはどれか。1 つ選べ。ただし、これらの薬剤は全て錠剤であり粉砕して用いるものとする。 \tetramethyl ...

続きを読む

問206 ラベプラゾールナトリウムの代謝

薬物アが生体内において受ける変化(A〜D)に関する記述のうち、粉砕した後に服用すると問題が起こる理由と深く関連しているのはどれか。1 つ選べ。 A の反応が胃内の環境において加速される。 B の過程で不斉中心が消失する。 ...

続きを読む

問206-207 ラベプラゾールナトリウムの処方変更

98 歳女性。体重 30 kg。逆流性食道炎のため、薬物アが処方された。(処方)  薬物ア錠 10 mg 粉砕 1 回 0.7 錠(1 日 0.7 錠)             1 日 1 回 朝食後 14 日分 薬剤師 ...

続きを読む

問199 オメプラゾールの光学分割

オメプラゾール腸溶錠は、オメプラゾールの R 体と S 体の混合物である。その有効性は R 体と S 体で異なるため、その血中濃度を R 体と S 体とに分別して定量することによって有用な情報が得られる。血中濃度測定にお ...

続きを読む