• 構造は科学の基礎 !

野中孝昌 投稿一覧

問121 アカルボース

グルコシダーゼ阻害薬であるアカルボースに関する記述のうち、誤っているのはどれか。1 つ選べ。   マルトース型の部分構造が含まれる。 破線で囲んだ部分の結合様式は結合である。 水に溶けやすい。 ヘミアセタール構造をもつた ...

続きを読む

問114 dTMP

下図のヌクレオチドに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 RNA の構成成分である。 デオキシウリジン5’–一リン酸のメチル化により生成する。 塩基のメチル基の導人には、ピリドキサールリン酸が補酵素 ...

続きを読む

問109 トリプトファンが前駆体のアルカロイド

\scalebox{0.85}{\raisebox{2cm}{\decaheterov[fhk,{g\FiveCycle(0,0){90}[]{3==O;5==O}[a]}]{3==N;4s==\sixheterov[] ...

続きを読む

問107 Ethyl 5-methoxyindole-2-carboxylate の NMR スペクトル

図は、ある化合物 A の 1H-NMR スペクトル(400 MHz、CDCl3、基準物質はテトラメチルシラン)を示したものである。また、表は各シグナルの積分比を一覧にしたものである。化合物 A の加水分解反応によって得ら ...

続きを読む

問106 AChE による加水分解

図は、アセチルコリンエステラーゼ(AChE)によってアセチルコリンが加水分解される際の初期段階の反応機構と2種類の AChE 阻害剤 A、B の構造を示したものである。以下の記述のうち、正しいのはどれか。2 つ選べ。 グ ...

続きを読む

問105 一酸化窒素の合成

一酸化窒素及び生体内における一酸化窒素の生成に関する記述のうち、正しいのはどれか。1 つ選べ。 アミノ酸 A は L–グルタミンである。 一酸化窒素は 2 つの不対電子をもち、常磁性を示す。 一酸化窒素の窒素原子の酸化数 ...

続きを読む

問104 アセトアニリドの反応

化合物 A の反応に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 SO3 が求電子剤として作用する置換反応である。 アの部分は共嗚効呆による電子求引性を示す。 アの部分は誘起効果による電子供与性を示す。 アの部分のかさ ...

続きを読む

問102 1–Methylcyclohexene

図は、アルケン A からアルコール C 又はアルコール D を合成する経路を示している。この経路に含まれる反応又は化合物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2 つ選べ。 アルケン A から中間体 B が生じる反応は a ...

続きを読む

問101 クエン酸

クエン酸(C6H8O7)に関する記述について、誤っているのはどれか。1 つ選べ。 IUPAC 名は、2-hydroxypropane-1,2,3-tricarboxylic acid である。 結晶水を持つものは、クエン ...

続きを読む

問037 ノルアドレナリン

アドレナリン、及び受容体に作用し、受容体及びドパミンD1 受容体にはほとんど作用しないのはどれか。1 つ選べ。 1  2  3  4  5    \sixheteroh[bdf]{}{1==HO;6==\lmoiety{ ...

続きを読む
PAGE TOP