• 構造は科学の基礎 !

問199 オメプラゾールの光学分割

オメプラゾール腸溶錠は、オメプラゾールの R 体と S 体の混合物である。その有効性は R 体と S 体で異なるため、その血中濃度を R 体と S 体とに分別して定量することによって有用な情報が得られる。血中濃度測定における液ー液抽出法による血液の前処理と HPLC による分別定量法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 液ー液抽出では、R 体と S 体の分配係数が異なるので、個 別に抽出率を求めておく必要がある。
  2. 液ー液抽出では、試料の pH を塩基性にすると抽出率が向上する。
  3. 液ー液抽出に用いる有機溶媒としてアセトニトリルが有用である。
  4. HPLC では、移動相にキラル化合物のラセミ体を添加することによって R 体と S 体を分離できる。
  5. HPLC では、光学活性物質や特定の高分子によって修飾した固定相を用いることによって R 体と S 体を分離できる。

\trimethylenei{1==H$\bf_3$C;2==O;
3s==\sixheterov
[bdf,{B\FiveCycle(0,0){-18}[b]{2==N;4==\upnobond{N}{H};
3s==\rotatebox{18}{\sixfuseh[]{5s==\WedgeAsSubstX(10,18)(100,170)[10];5==S;
3s==\sixheteroh[]{3==\lmoiety{H$\bf_3$C};
4s==\sixheteroh[bdf]{6==N;
3s==\sixheteroh[]{2==O;3==CH$\bf_3$;5==CH$\bf_3$}{1==(yl)}[cdf]
}{2==(yl)}[a]
}{1==(yl)}[abf]
}{5D==O}{f}[abc]}
}[e]}]
{}{5==(yl)}[]
}{}
\put(1650,200){\text{及び鏡像異性体}}