• 構造は科学の基礎 !

岩手医科大学附属病院で診療を受けた患者様およびご家族の方へ

アバスチンを含む大腸がんの化学療法を受けられた患者様およびご家族の皆様へ

(臨床研究に対するご協力のお願い)

 

岩手医科大学薬学部では、大腸がんに対してアバスチン(成分名:ベバシズマブ)を含む化学療法を受けられた外来患者様の診療情報(カルテ)および検査情報を使用して臨床研究を実施しております。本研究に該当する可能性のある患者様のご協力をお願い致します。この研究を実施することによる患者様への新たな負担は一切ございません。また、患者様のプライバシー(個人情報)の保護については最善を尽くします。

本研究への協力を望まれない患者様ならびにご家族は、その旨を【問い合わせ】までご連絡をお願い致します。

 

【研究課題】

ベバシズマブ誘発性の高血圧に対する薬剤師の薬物療法支援と有用性の評価

 

【研究の目的】

本研究は、アバスチン投与期間中の血圧管理において、薬剤師による患者様へのサポートが有用であるか評価することを目的としています。

 

【対象となる方】

2013年4月1日~2017年3月31日までの期間に、岩手医科大学附属病院でアバスチンによる治療を受けられた大腸がんの外来患者様

 

【使用する診療情報】

年齢、身体所見、治療内容、検査結果

 

【研究期間】

調査対象期間:2013年4月〜2017年3月

データ収集期間:倫理委員会承認後~H30年12月31日まで

 

【個人情報の保護】

使用情報からは、氏名、ご住所など患者様を特定できる個人情報は除外して使用いたします。また、研究成果は学会や学術誌等で発表されますが、その際も患者様を特定できる個人情報は公表いたしません。

 

【研究費の出所および利益相反】

本研究は、診療情報(カルテ)および検査情報による調査研究であるため研究費は使用しておりません。また、研究者は本研究に関係する企業等から個人的及び大学組織的な利益を得ておらず、開示すべき利益相反はございません。

 

【問い合わせ】

研究事務局:二瓶 哲

岩医科大学 薬学部 臨床薬学講座 臨床薬剤学分野

〒020-8505 岩手県盛岡市内丸19-1

TEL:019-651-5111(内線2136)

FAX:019-908-2010

E-mail:satoru.2hei@gmail.com (@を半角に変換してください)

PDF ファイル(ダウンロード)

PAGE TOP